ラミクタールの副作用

抗てんかん薬は、発作がなくても、定期的に服用しなければならない薬です。ですので、個人差はありますが副作用と上手に付き合っていかなければなりません。抗てんかん薬であるラミクタールの副作用についてお話したいと思います。

ラミクタールの副作用である眠気の対処法

ラミクタールは脳神経の興奮を抑制する薬で、てんかんの発作を予防したり、躁うつ病の再発を防ぐ維持療法などに用いられます。ラミクタールの軽い副作用の一つに眠気や傾眠があり、その副作用が強く出てしまうと日常生活に影響を及ぼす事があります。眠気に対しての対処法としては、まず睡眠を見直して十分な休息・睡眠が取れているか調べましょう。眠気が生じるとつい薬の副作用を疑ってしまいますが、そもそもの睡眠時間が足りなかったり質の良い睡眠が取れていないと、副作用が強く表れてしまう可能性があります。次に、飲み始めの頃は身体がラミクタールに慣れていない場合があり、しばらく飲み続けると身体が薬に慣れて副作用が軽減されるケースもよく見られます。
他にも、用量用法は守ったまま、服用タイミングを入眠前などに変更する事で、日中の眠気を避けられる可能性があります。この時、服用タイミングを変える事で睡眠が浅くなったり、睡眠に変化が見られる場合は時間をずらすか、医師に相談してみて下さい。ラミクタールの副作用に対する対処法ではありませんが、通常の眠気の対処法として覚醒作用のあるカフェインを摂取したり、眠気が生じた際に冷たい水で顔を洗う、ガムやお菓子を食べるなども効果的です。様々な方法を試しても眠気が晴れない場合、薬の量を減らしたり、違う薬に変えてもらう事が考えられます。ラミクタールは単独でも使用される薬ですが、他の治療薬と併用して使われる事も多い薬なので、併用薬との相性で副作用が強化されている場合もあり、薬の組み合わせを見直す事で改善できるかもしれません。飲む薬や量は勝手に減らすのではなく、医師に副作用の状態を伝えて検討を行ってもらう必要があります。